見てきた感想です

ずいぶんと日が経ちましたが、レポを。

や、天野喜孝展よかったです!
やっぱり自分の成長とともにFFもシリーズやっていましたのでね、上司から話聞いて旦那に美術展あるよつったら
見事に食いついてくれ2人で行ってまいりました(^^)
過去にも何回かは見にいってはいまして、リトグラフ買わされそうになったのはいい思い出。。。
つっか、原画公開と聞いたら心躍るではありませんか。久々に行くのもあったので余計でしたね。

前にも書いたのですが、とにかく回収する情報が多くて!
これでも昔はマジで絵で食うために勉強していたので、この日もその経験からつい、その数多くの情報をどこまで吸収できるかとガン見してたら・・・
旦那にドン引きされた(笑)「見る距離近っ!」つってw
言うに、至近距離で頭横向けたりしゃがんだりして見てたとか。あん、ゴメンv
旦那は美術館いくのはほとんど初めてらしく、慣れん場所ながらも「あ!あの絵知っとるし!!(←大声)」楽しんでいた模様。声上げるのはだめよ。

FFブースが特別に区切られてて、入れば「野ばら」のテーマが!興奮したやないかいーーー!!
特に歴代のパッケージイラストの原画に大興奮!年代の経過もわかっておもしろい。それぞれで好きなナンバリングの作品を眺めてたね。
4が無かったのが悔しい〜!あんだけ揃っといてなぜに無いのじゃ・・・!いちばん好きなのに・・・!!!旦那の11熱がとまらない。

思いっきり繊細で、大胆で。見ていてほんと気持ちよかった。機会あれば原画、マジ見るのおススメします。
紙面で描く良さもほんとよくわかりました。絶対的なもので絵の方面も日々デジタル化が進んでますが、紙と筆でしか表現できない事ってめっちゃあるんだよ。
デジタル否定でもなく、紙面肯定でもないですが、そう思いました。
ネット空間ほど閉鎖的な場所は無いと思ってるのでこれ以上は書かないですが(個人的見解からの歪み多々)
実際にそこに行くことでそれぞれの解釈でとらえたらいいんじゃないかなぁ。と。

最後に撮影OKの作品を少し撮ってきましたので掲載^^

20150909-113611.jpg

20150909-114753.jpg

20150909-114810.jpg

20150909-114829.jpg

至近距離ばかりでスイマセ;;;;少しでも、少しでも・・・!!!ああピントが!!(必死)

ここまで読んでくださってありがとうございましたーー

コメントを残す